2010/12/4(Sat)

いよいよ師走

早いもので、12月になりました。
天神様を準備して、お正月を気持よくお迎えいたしましょう。
福井ならではの古くからの風習が今も脈々と受け継がれている背景を大事にすることが心豊かな子供達に成長する大切な行事だと思います。



2010/11/26

お一人、お一人のお守りです。

神社のお守りを共有されないように、天神様や雛人形、五月人形もお父様、お母様の物を共有するのは好ましくありません。
天神様や人形はその子、その子のお守りなのです。
その昔は、ひな祭りに厄を受けた人形を川や海に流す風習もあり、今もその慣習が残っている地方もあります。


2010/11/14

恩返し

 なかなか親孝行はできないものですが、せめて親にしていただいたことと同じことを子や孫に伝え、節句という節目を祝うことで日本の文化を継承し、残していくことも親への恩返しの一つだと思います。
子や孫の幸せを願う気持は、いつの時代も変わらないと思います。


2010/11/9

天神様

文武両道に秀で学問の神様と崇められた菅原道真公を守り神としてお正月からお飾りいたします。
一生涯掛けていただく福井では欠かせない昔からの習わしです。おじいちゃんの天神様、お父さんの天神様、そして生まれた赤ちゃんの天神様が・・・仲間入りです。
天神様がその家、その子を見守ってくださいます。京秀の天神様でご家族揃ってお正月をお祝いしましょう。

2010/11/1

天神様 一挙大展示

いよいよ秋も深まり、そろそろ天神様をご準備される時期になりました。店内には熟練作家の作品の数々を取り揃えました。
お正月には、京秀の天神様で格調高くお祝いください。

2010/4/6

戦国武将ブーム

 戦国武将ブームの影響か赤ちゃんのお父様が真剣な眼差しで、鎧・兜の作りを熱心にじっくりご覧になってお買い求めいただいています。
鎧・兜を多数展示しておりますので、実物をぜひご覧ください。

2010/3/16(Tue)

五月人形 大展示中

 本日、新聞に京秀のチラシを折り込みました。チラシには一部しか掲載できませんので、ご来店いただき専門店の鎧・兜・鯉のぼりを豊富な種類の中から、ご自身の目でお確かめの上、お選びください。



これまでのお知らせ: [1][2][3][4][5][6][7][8][9][10] ...

(c)CGI Pal