五月人形こいのぼり

五月五日は「端午の節句」と呼ばれ、五月人形を飾り男の子の健やかな成長を祝う日です。
鎧・兜は、身を守る象徴として考えられ病気や災厄から守ってくれるお守りでした。鎧・兜というと戦いの道具として考えられがちですが平安時代には武士の晴れ姿の象徴でもあったようです。
知性と仁徳と勇気をそなえて・・・格調高く端午の節句をお祝い下さい。

画像をクリックすると、拡大表示されます。

ページの続きを見る| 1 |...
ページの続きを見る| 1 |...